やまがた酒フェスタ2020

若潮酒造株式会社

1968年8月に地元の蔵元5社で若潮酒造協業組合としてスタートして、設立40年目の2008年に協業組合から株式会社へと組織変更し、2018年に設立50周年を迎えました。
令和の幕開けの年に51年目を踏み出す今、設立100年に向けて次の時代へと進化し続ける蔵元でありたいと思っています。
焼酎文化の伝統を継承する「千刻蔵」と、究極の日常酒を醸す「志燦蔵」の二つの蔵を持ち、伝統を守りつつ、チャレンジし続ける焼酎造りに、真摯に取り組んで行く所存です。

> 若潮酒造株式会社

若潮酒造株式会社

25%白若潮1800ml

志燦蔵のテーマ「究極の日常酒」を突き詰め、酒質も見直したことにより、しっかりと芋を感じさせながら丸さを感じる飲み口の心地よい焼酎に仕上がりました。銘柄も「さつま白若潮」としました。

25%白若潮1800ml

25%樵(きこり)1800ml

割り水にモンドセレクション最高金賞受賞水の「樵のわけ前1117」を使用。まろやかな味わい、杜氏の技と名水が織りなす珠玉の味わいをお楽しみ下さい。モンドセレクション最高金賞受賞商品。

25%樵(きこり)1800ml

25%さつま黒若潮 1800ml

原料芋に鹿児島の大地で育まれた「黄金千貫」を新鮮なうちに仕込んで、常圧蒸留しました。黒麹独特のコクがあってまろやかな甘口の酒質が特徴です。

25%さつま黒若潮 1800ml

トップページへ戻る